JR東日本

スポンサードリンク
列車別のきっぷ

中央線特急「あずさ・かいじ・富士回遊」号のきっぷ~料金と乗車システムを解説~

東京から山梨県甲府市を経て長野県松本市に至る中央本線には、特急列車が多数運行されています。 東京・新宿駅から松本駅までの長距離区間を結ぶのは、速達型の特急「あずさ」号です。そして、甲府駅までの中距離区間を結ぶのは、緩行型の特急「かいじ」号で...
列車別のきっぷ

高崎線特急「草津・四万」&「あかぎ」号のきっぷ~予約の取り方と料金体系を深掘り~

東京・上野駅から大宮駅を経て高崎駅までの区間を結ぶ、高崎線。全区間上越新幹線と並行していますが、新幹線と棲み分ける形で在来線の高崎線にも特急列車が走っています。 従来から、東京と群馬県の温泉郷を結ぶ観光性の特急列車と、東京と高崎線内の主要駅...
列車別のきっぷ

臨時特急「鎌倉」号は使えるか?~きっぷの買い方の解説・コスパとタイパの考察~

臨時特急「鎌倉」号という列車が、武蔵野線の吉川美南駅と鎌倉駅を結んでいます。武蔵野線内の主な駅に停車し、途中横浜駅を経由して北鎌倉駅/鎌倉駅まで直通します。 この列車は、長い間「ホリデー快速鎌倉」号として親しまれていました。2022年10月...
列車別のきっぷ

JR東日本「気仙沼線BRT・大船渡線BRT」運賃制度・きっぷ・途中下車しながらの完乗体験

宮城県と岩手県にまたがる南三陸海岸沿いを走る、JR気仙沼線BRTと大船渡線BRT。三陸復興国立公園区域内の風光明媚な景色を眺めることができます。 2011年3月に発生した東日本大震災以前は、全線鉄道として列車が走っていました。震災発生後、一...
運賃制度

交通系ICカードが入場券代わりの「タッチでエキナカ」~利用体験・利点・問題点を深掘り~

JR東日本の駅ナカには、魅力的なお店が多くあります。駅ナカといっても、改札口を入らなくてもアクセスできるお店と、改札口を入らなければならないお店があります。 その中でも後者のお店には、東京駅における「グランスタ」、首都圏の主なターミナル駅に...
ネット予約

「北陸新幹線」ネット予約の極意~東京と北陸を安く往来するワザをご紹介~【2024年版】

東京駅(東京都千代田区)から金沢駅(石川県金沢市)を経て、敦賀駅(福井県敦賀市)までの区間を結ぶ北陸新幹線。東京から福井県方面まで、乗り換えなしで向かえるようになりました。 北陸新幹線は、JR東日本とJR西日本の2社によって運営されていて、...
ネット予約

JR東日本「在来線チケットレス特急券(トク割)」をおトクに活用~利用条件と方法を解説~

JR東日本首都圏地区を走る在来線特急列車に乗車するための特急券には、ネット限定割引があります。「在来線チケットレス特急券(トク割)」が所定料金の35%引きで購入できて、お財布にはとても助かります。 この特急券は従来、乗車券とセットの紙のきっ...
ネット予約

区間が連続する「新幹線eチケット」は併用できるか~自動改札の通過方法・使用体験~

JR東日本・JR北海道管内の新幹線および北陸新幹線に、紙のきっぷなしにチケットレス乗車できる「新幹線eチケット」。 区間が連続した複数の「新幹線eチケット」を別々に購入して使用する機会が、偶然にもありました。この場合、「新幹線eチケット」を...
列車別のきっぷ

JR・東武連絡特急「スペーシア日光・きぬがわ」号~きっぷの予約購入方法・手売りきっぷ購入体験~

栃木県の大観光地である日光・鬼怒川温泉と東京を結ぶ、東武特急。東武日光線を走る特急には、発着する駅によって、大きく分けて2つの系統があります。 一つ目は、浅草駅(東京都台東区)から東武スカイツリーラインを経由し、東武日光駅・鬼怒川温泉駅(栃...
ネット予約

えきねっと限定割引「トクだ値」ラインアップ・商品名称・購入期限【2024年3月変更点まとめ】

JR東日本・北海道管内の新幹線および在来線特急列車(北陸新幹線を含む)のきっぷを予約する際に活用できるのが、ネット予約サービスの「えきねっと」です。事前購入型のネット限定割引は「えきねっとトクだ値」と呼ばれ、えきねっと上で購入できます。 長...
スポンサードリンク